2月 05 2014

万が一の事を考えて学資保険に

高齢になってから子供が出来ると、やはり、不安なのはお子さんの将来なのではないでしょうか。あるいは、ちょっと病弱な為に、自分がどうなるか分からないので、お子さんの将来が不安だと言う方もおられると思います。そういった方は、やはり事前の対策をしておくのも必要なのではないでしょうか。その為に学資保険がとても有効に働くと思います。万が一自分に何かあったとしても、お子さんがきちんとした教育を受けていれば、困る事はかなり少なくなるのではないでしょうか。こういった事で、入っている方も非常に多いと思うのです。例えば、学資保険の中には、保険者にもし万が一な事が合っても、保険料が免除される物もあります。そして、万が一の時から保険期間満了まで、育英年金が被保険者へ給付される商品などもあるのです。こういった事をすれば安心ですよね。

学資保険で安心を購入しませんか

例えば、親御さんとしてはやっぱりお子さんにはスムーズな生活をして欲しいと思いますよね。将来的にお金で困る事が無いようにしたいと考えるのは当然の話しではないでしょうか。それを考えた場合には、お子さんには何が必要になって来るのでしょう。多くの方が思い浮かべるのはやはり教育だと思います。しかし教育と言っても、例えば私立等になったら相当なお金が必要になるのは言うまでもありませんよね。なかなかその時に、まとまったお金を用意する事が出来無い方もおられるのではないでしょうか。しかしそれは、きちんとした対策をしていないからかもしれません。きちんとした対策をすれば、どうにでもなるのではないでしょうか。その対策と言うのが学資保険だと思います。これに入っていれば、お子さんの教育を考えた場合には安心する事が出来ると思います。

母がかけてくれた学資保険

私が生まれたと同時に母は私に学資保険をかけたそうです。もし、私が将来「進学したい」といった場合に、絶対にまとまったお金が必要になるので、その時が来るまでお金を貯めておけるようにしたと母は話していました。私は高校卒業後、進学の道を選びました。その時の入学金、授業料は学資保険を使って支払ったそうです。もし、その保険をかけてなかったら進学をさせることが本当に厳しかったと、母は今でも話しています。私ももし、将来子どもができたら、子どもがどんな道を選んでもいいように、自分の母が私にしてくれたように学資保険をかけようと思います。お金がないせいで、自分の子どもがやりたいことをやれない環境になっては可哀そうだと思います。そのような可哀そうなことにならないように子どもの将来をしっかり考えてあげたいと思いました。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする