2月 05 2014

お子さんの為にも学資保険を

学資保険は定期保険と違う所があるのです。どういった事なのかと言うと、それは、掛け捨てでは無いという所ではないでしょうか。学資保険に加入していて、満期に成れば、満期保険金が支払われる事になります。そして、プランによるのですけれども、満期にならなくても、中学の進学、あるいは高校の進学などでも、祝い金という物で、一定のお金を受け撮る事が出来るので良いのではないでしょうか。返戻り率も百%を超える物もありますので、とても良いのではないでしょうか。それにこういった物は加入していれば、確実にお金を貯める事も出来ますよね。これは非常に大きな事ではないでしょうか。なかなかお子さんの学費を貯める事が出来無いという方は、学資保険に加入してみてはどうでしょうか。お子さんの将来の為にもとても必要な物ではないでしょうか。

学資保険はオススメです

昔から学資保険ってありますよね。愛する子供が二十歳になったお祝いとして、学資保険を通帳のままプレゼント。そんな時代もありました。もちろん今もそんな家庭は沢山あるでしょうが、今はどうしても不景気ですからね。昔よりかは保険も色々と削られているのも事実ですよね。実際に家計を計算しなおそうと、いらない保険を見直したりして。そんな番組の特集などもやっていますからね。だけど学資保険って実はすごく大事なんですよ。保険を取り扱いしている会社も本当に多いですからね。色々検討したり比べてみたりしてどの会社が自分の家族に一番合っているのかを考えてみてください。そして学資についての保険は、子供名義よりも大人名義にしたほうがお得なのです。将来貯まった保険金を返してもらえるときに、元本割れしないかだけ注意してくださいね。

学資保険は本当に必要でしょうか。

子どもができたら、成長とともに教育費が必要になってきます。その為に学資保険に加入する…そんな風に、ただ漠然と考えている人も少なくないと思います。実際にどんな時にお金が必要になるのか、これを機にしっかり考えてみましょう。既に加入している方も、加入当初とは経済状況や、家族構成が変わっている場合もあると思います。そうすると見直しも必要となってくるでしょう。我が家の場合ですが、所謂学資保険と名のついた保険には加入していません。より貯蓄性の高い物と考えた時に、医療保障などのついていない積立タイプを選びました。もちろん、途中解約をしてしまうと元本割れなどを起こすので月々の支払いに無理のないようにというのを一番に考えました。そして高校入学時の15年後に満期を設定し、その後受取時期を遅らせれば遅らせるほど受取金が少しずつ増える仕組みの保険に加入しています。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする