2月 05 2014

学資保険の役割は、貯蓄と生命保険

子供の年齢があがるたびに必要になっていく教育費に備えるために、学資保険があります。教育費で一番費用がかかるのが、大学進学時です。文系で自宅から通うのに比べ、私立の理系や医療系で下宿するとなれば高額な教育費が必要です。そのため、子供の希望する進路をできるだけ叶えるために産まれたら加入し、主に高校三年生で学資金を受け取るように保険を設計します。毎月の給与から出せる範囲で保険料を設定するのもよいですし、受給している児童手当をそのまま学資保険として貯蓄するのもおススメです。この保険は、学資金を受け取る以外に、契約者である主に親に万が一のことが有った場合、保険料の支払いは免除され学資金は受け取ることができるという生命保険の役割も果たします。単純な貯蓄ではこの機能がないので、親の生命保険の意味も兼ねて加入するとお得です。

学資保険の加入が必要な人と、不要な人

学資保険は、加入してから保険期間が満了するまで基本的に解約すると、支払った額より少ない額しか返ってきません。つまり、加入者は15年以上支払った保険料は預けたままということになります。そのため、貯蓄が得意ですでに蓄えがたくさんあるという方には不向きです。満了時に受け取りたい金額を貯蓄しておいておけばよい、もしくは保険会社に預けずに自分で運用して増やせばよいのです。しかし、逆にいえば貯蓄が苦手で貯えがない、運用ができないという方は、将来の子供のために加入することは必須です。この保険は、掛け捨てではありませんので、支払った保険料は保険期間が終われば返ってきます。そのため、毎月必ず支払う保険料は、保険であると同時に貯蓄でなり、現金があれば使ってしまうという方にぴったりです。子供の進学を資金不足で諦めさせることはできるだけ避けたいものです。そのために、早いうちから目標額を設定して学資保険で貯蓄しましょう。

学資保険に入っておきませんか

教育と言うのはとても大切な物であるのは言うまでも無いでしょう。やっぱりきちんとした教育を受けていれば、将来的に、社会に出ても非常に役に立つのは言うまでもありません。レベルの高い大学を卒業したりしていると、それだけでも、社会的に一目置かれるのは言うまでもありませんよね。だけれども、お金が無ければそういったレベルの高い大学に入るのもかなり難しくなってしまうのではないでしょうか。入学金や、学費等、お金がかかる事は一杯あるのではないでしょうか。貯蓄をしていれば良いとは言うけれども、なかなか貯めれないという方も多いかもしれません。では、どうすれば良いのでしょうか。そういった親御さんにぴったりなのが学資保険ではないでしょうか。これに入っていれば、お子さんがいざ入学の時には、困らないで済むのです。とても大きな事でしょう。

小学校受験のための幼児教室。せっかくいい教室でも遠かったり通いにくかったりだと続かないですよね。 創立60年を迎える伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。どの教室も駅から近くてアクセスも便利。小さいお子さんと一緒でも通い易い環境になっています。 幼児教育の草分け的存在の伸芽会は、これまで15万人以上の卒業生を送り出してきました。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを有名小学校へ合格へ導きます。 お母さんも通いやすい幼児教室なら伸芽会です!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする